境界かつ限界

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

境界かつ限界

健忘症の備忘録

【2017/1/21 フランス・パリ】  パリのUCGというシネコンで、ノクターナルアニマルズを見た。

映画・ドラマ フランス

映画見に行った

宿の朝食を食べ、昼から、映画を見に行ってみることにした。

中心部にあるUCGというシネコンへ。マックで腹ごしらえ。ヨーロッパはタッチパネルで注文できる。日本でもあるのかな?

f:id:donkusao:20170124233255j:plain

f:id:donkusao:20170124233257j:plain

フィレオフィッシュセット。4.95ユーロ。609円。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画館前のタッチパネルでチケットを購入。

f:id:donkusao:20170124233254j:plain

君の名はもやってました。

フランスは映画の定額制(ilimitedとか言うカード?)があって一月3000円位で映画見放題になるらしい。くそうらやましい。

f:id:donkusao:20170124233253j:plain

上映が映画の種類がめっちゃあって、ほんまフランス羨ましい。日本のシネコンも頑張って欲しい。興行の問題なのか配給の問題なのかわからないけど、値段下げてほしい。

f:id:donkusao:20170124233256j:plain

ノクターナルアニマルというトムフォード監督2作目の映画を見ました。単品チケットだと、11.9ユーロで高い。1,463円。それでも日本より安いが。

f:id:donkusao:20170124233258j:plain

f:id:donkusao:20170124233259j:plain

席は自由席。いい席を取りたければ会場数分前に来て並んでおくスタイルのようです。

f:id:donkusao:20170124233300j:plain

全部で100席弱くらいですごく小さいです。確かに、大型の劇場を少数作るより小型の劇場を複数作っていろんな映画を上映して回転率を上げたほうが効率的かもしてれない。


NOCTURNAL ANIMALS - Official Teaser Trailer - In Select Theaters November 18

オープニングから、センスはすごく感じるのですが、話の内容は正直おもしろいというところまではいきません。外人のしかもどちらかと言うとエスタブリッシュメントの結婚感、恋愛観、仕事観を描いているので正直純日本人が見ても共感するというところまで至らないのかも。7点/10点中といったところです。トム・フォードはセレブリティなので、ノクターナル=夜行性=不眠症=神経質的=自己愛的=エスタブリッシュメントという構図と言うかそいういうものに対する嫌悪感みたいなものも描いているとか勝手に想像してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日が早いので早めに宿に帰って寝ました。ちょうど初日に購入したメトロの切符がなくなったので、帰りの分1.9ユーロで購入。234円。

f:id:donkusao:20170124235406j:plain

スーパーで買って、食って、寝たwサンドイッチ2.62ユーロ、ヨーグルト1.79ユーロ。4.41ユーロ。543円。

  費用等まとめ

まとめ:パリの映画興行を日本も見習ってほしい。

  • 食費 1,152円
  • 宿代 2,760円
  • 映画チケット 1,463円
  • メトロ切符    234円    計5,609円

 (※1ユーロ=123円で計算)